【中目黒】新潟三宝亭 東京ラボの麻婆麺・酸辣湯麺が絶品すぎた!

スポット
スポンサーリンク

みなさんこんばんは、アキラです。

ラーメンの激戦区・中目黒ですがその中で一際にお洒落なラーメン屋さんがあるのをご存知でしょうか?

そのラーメン屋さんとはズバリ「新潟三宝亭 東京ラボ」です!

極上の麻婆麺・酸辣湯(サンラータン)麺の2大看板が絶品のこのお店を徹底レビューしていきます!

アキnラ
アキnラ

とにかくラーメン屋が多い中目黒。そのなかでは異質な店名と麻婆麺のお店です!

『新潟三宝亭 東京ラボ』とは?

参照:新潟三宝亭 HP

新潟三宝亭 東京ラボ」は中目黒に2015年オープンした中目黒民にはおなじみの商店街『目黒銀座』の中にお店を構えます。

営業終了までの全時間帯で、待たずしては入れない人気っぷり。目黒銀座で最も人だかりができているお店かもしれません。

店名の「三宝亭」とは・・・

新潟をメインに東北各県などに展開する三宝亭グループ。「中華麺食堂 三宝亭」というメイングループから新業態へ派生して『東京ラボ』という名前がついたのだとか。

とにかく、新潟の企業による東京進出。

それにより新潟のコシヒカリとともに楽しむ麻婆麺が絶品のお店です!

店内の雰囲気、メニューは?

中目黒駅の東口から5分。目黒銀座商店街の右に店舗があります。

昔ながらの電気屋や古本屋、古着屋などが多い商店街で一際人気なお店なのですぐに発見できるかもしれません。

今回は夜の21時に伺いましたが、5組待ちで10分ほど待って入店しました。

アキラ
アキラ

初めて訪れた際に最も驚いたのが、女性客の多さ。
カップルや男女グループ、女子3人組などが目立ちました。

店内はとにかく綺麗で各座席一人一人にティッシュペーパーがセットされているほどの気遣いも◎

さらに目立ったのは、手持ち扇風機(ハンディファン)が各席に置いてあり、辛さによる暑さ対策も抜群!?

席に座ると店員さんが優しく紙エプロンの付け方を教えてくれます。

また、ドリンクメニューには新潟から進出したお店ならではの「新潟の日本酒メニュー」が!

このお店、ラーメン以外にも楽しめるポイントがたくさんあります。

ラーメンの感想・レビュー

ラーメンのメニューは主にこちらの写真の通り。

今回、友人と二人で来店した僕は両方の味をチェックしたかったので、酸辣湯麺・麻婆麺をそれぞれ注文しました。

また、メニュー表に書いてあった麻婆丼も気になったのでライス(新潟の)も注文!

今回は辛増し無しでそれぞれライス付きで注文!

初めて来店した方だと、この2大看板のどちらにしようか迷ってしまいますよね笑

酸辣湯麺(さんらーたんめん)

「旨(うま)酸っぱい」がぴったりの本格的な酸辣湯麺。

東京で、いやラーメン屋で酸辣湯麺が食べれるお店は珍しい。

また、酸辣湯麺をメインで取り扱うお店は少ないのでついつい通ってしまいたくなる味。

ブレましたが、細麺です。

お酢、ラー油を徐々に増やしていき味を好みまで調節していきます。

細麺にしてはボリューミーなのでお腹いっぱいになるまで酸辣湯麺を楽しめます!

アキラ
アキラ

店内の女性客は酸辣湯麺(さんらーたんめん)を食べている方が多かったです。

パクチーやお酢など女性が好きな味なことは間違いないですね。

全とろ麻婆麺

麺がマーボーで隠れてしまうほど、マーボーの量・とろみが抜群な一品。

まずはご飯(新潟のコシヒカリ)にかけて麻婆丼をいただきました。

アキラ
アキラ

調理したてが最もトロトロだから、早いうちにご飯にかけて食べるのがオススメなんだとか!

麺は意外にも太めでボリューミー。

麻婆丼、麻婆麺を交互に楽しめるなんて麻婆好きには贅沢な一品です!

今回食べてから思い出したのですが、実は「全とろ麻婆麺」はカップラーメンにもなっています。

アクセス・営業時間

店名 新潟三宝亭 東京ラボ 中目黒店
アクセス 中目黒駅から徒歩5分
住所 東京都目黒区上目黒2-44-5
営業時間 平日11:30〜15:30 / 17:30〜23:30
    土日11:30〜23:30
定休日 なし
電話番号 03-5725-3356

まとめ

新潟三宝亭 東京ラボ」の魅力は伝わって頂けましたでしょうか?

ラーメン激戦区の中目黒では異質ですが、日々行列で女性人気も高い、なんだかオススメしてしまいたくなる麻婆麺・サンラータン麺のお店です。

是非、騙されたと思って並んでみてはいかがでしょうか?

投稿者:彰

タイトルとURLをコピーしました