【令和の新夜景スポット】渋谷スカイに行ってみた口コミを徹底レビューします!

スポット

みなさんこんばんは。夜景大好きアキラです。

突然ですが、夜景スポットにこんな悩みはありませんか?

東京タワースカイツリー
もいいけど、

ガラス越しじゃなくて肉眼
夜景を見たい!!

今回は2019年11月にオープンした複合商業施設「渋谷スクランブルスクエア」の展望台、SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)のご紹介です!

渋谷スクランブルスクエアは、マークシティーやヒカリエ等とともに渋谷を賑わす巨大施設。

地下2階から地上14階までがアパレル店や飲食店などが入る商業施設、14階から45階は有名企業が入るオフィス、45階から屋上にかけては展望空間「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」が入っています。

渋谷のど真ん中の屋上で、景色と風を感じに感じまくれますよ!!

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)とは

参照:渋谷スカイ公式

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)
フロア :14階・45階・46階・屋上
高さ  : 地上約230m(屋上)
営業時間: 9:00〜23:00(最終入場22:00)

SHIBUYA SKYは、14階~45階の移行空間「SKY GATE 」、屋外展望空間「SKY STAGE」、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」の3つのゾーンで構成されています。

渋谷上空229mから広がる360度の景色を眺めるにとどまらず、一連の体験を通じて知的好奇心を刺激し、想像力を育む展望装置です。

出典:http://www.shibuya-scramble-square.com/sky/

アキラ
アキラ

今回、女性とデートだったので行ってみました。
最初は「東京タワーで夜景をみたい!」と誘われたデートでしたが、興味のあった話題スポットに早速行ってみました。

東京タワーが333m、スカイツリーが634m、都庁が243mと「高さだけでは劣るじゃないか?!」感じる方もいるかもしれませんが「渋谷スカイ」の魅力は屋外で絶景と風を感じることができるという点です。

東京のど真ん中で360度遮るもの無く、景色を見渡せるってエモいですよね。

渋谷スカイのチケット購入方法と値段

大人(18歳以上)中高生     小学生     
WEBチケット 1,800円1,400円9,00円
当日チケット  2,000円1,600円1,000円
※2020年9月時点
アキラ
アキラ

WEBで予約していけば、1,800円と思ったより安い印象。
東京タワーが3,200円と比べると、屋外という点も含めて渋谷スカイ断然良いじゃ無いか!

ウェブと当日チケットは料金が殆ど変わらないので、重要なのは当日のチケット購入窓口の混雑具合でしょうか。

僕は今回はウェブで事前決済による購入をしましたが、当日の窓口も特段混雑していない印象でした。

当日の気分で渋谷スカイに訪れることも可能な手軽さと、予約の手間から特に事前予約しなくても良いかなという所感です。

ただ、女性とのデートで利用する場合は予約できる男子を演じる必要もあるかと思いますので、そんなときは1800円と安いので予約してしまいましょう!

▽予約はこちらから

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)
渋谷上空229mの展望装置-想像力を刺激する,眺望体験と空間演出の融合-SHIBUYA SKY&lt!--img src=

渋谷スカイを楽しむオススメの時間帯は?

参照:渋谷スカイ公式
アキラ
アキラ

贅沢だが、明るい時間帯の景色も夜景も両方見たい。

渋谷スカイは10時〜23時の営業となっているので、昼の景色から夜景まで楽しむことができます。

夏の昼間は日差しに注意が必要ですが、屋外ということもあり風がかなり強く吹いているので特段暑いということはありません!

※日差し対策だけしましょう。

今回僕は17時40分〜の予約で渋谷スカイに行ってみたのですが、19時の日の入りまでは夕焼けを楽しむことができ、以降は夜景を拝むことができるので暑さ対策にもオススメの時間帯と言えます!

「当日の日の入りが何時なのか」を調べるのも簡単で、公式サイトTOPに載っていますので是非チェックしてから登るようにしましょう。

いざ、屋外230mの景色へ。【写真付き】

参照:渋谷スカイ公式
アキラ
アキラ

予約もOK、日の入り時間もちゃんと調べた。
さぁあとは絶景に向かうだけ。

渋谷スクランブルスクエアの14階で受付を行います。

14階まではお洒落なアパレル・雑貨ショップから蔦屋書店、デパコス、TOKYUハンズ、飲食店が立ち並ぶのでエスカレーターでゆっくり登って行くのもありです。

前述の通り、当日券でもストレスなく並んで買うことができると思います!

受付を済ますとすぐに地上行きのエレベーターがあります。

ここでご紹介できていませんでしたが、渋谷スカイには以下のような空間構成があります。

SHIBUYA SKYは、
14階~45階の移行空間「SKY GATE 」、
屋外展望空間「SKY STAGE」、
46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」の
3つのゾーンで構成されています。

渋谷上空229mから広がる360度の景色を眺めるにとどまらず、
一連の体験を通じて知的好奇心を刺激し、
想像力を育む展望装置です。

出典:http://www.shibuya-scramble-square.com/sky/brand/spatial_composition.html

エレベーター内は「SKY GATE」の名そのままにエレベーター内での演出がすごいです!これは実際に行って確かめていただきたいので、写真は控えておきますね。

アキラ
アキラ

46階へ到着。いざ、屋上へ。

46階へ到着すると、屋上階へ向かう前にコインロッカーへと案内されます。
屋上なので携帯・カメラ以外の余計なものは持って行ってはいけないスタンス。

100円戻ってくる式のロッカーに荷物を預けてさぁ行きましょう。

ここ、46階から屋上へと上がっていきます。

この瞬間が一番沸いたかも笑 まるでジェットコースター、、!

屋外エスカレーターを登ると絶景へ。

エスカレーターを上がった瞬間に見える風景がこちらです。
緑の芝生を中心に、ハンモックインスタ映え写真スポットなども楽しめます。

7月ある日の午後18時10分の景色。まだまだ明るいので東京の隅々まで見渡すことが可能でした。

お台場や横浜、国立競技場なども一目でわかるこの感じ伝わりますでしょうか笑

▽インスタ映えの写真スポット

「THE ROOF SHIBUYA SKY」でお酒も楽しめます
アキラ
アキラ

コインロッカーでスマホ以外預けてしまった。
HPではバーのドリンク付きチケットはみたが、実際にお酒だけ単品で購入することはできるのか。。。?

渋谷スカイのチケットページでは以下の通り、ドリンク・席付きのチケットも販売しているのですが、今回は入場料金だけで登った僕にとってはお酒はさすがに「要予約」なのかなと思っていました。

ですが、こちらのドリンクカウンターではなんと単品でのドリンクを購入することも可能。

ビールからサワー類、ソフトドリンクまで幅広いドリンクの購入が可能でお酒類は一本800円から!

東京のど真ん中で飲むビールにふさわしい「TOKYO IPA」をチョイス。
目の前の渋谷ヒカリエを見下ろせる好ロケーションで、ビールを味わうことができます。

▽予約必須のソファ席(50分間の利用で2名ドリンク付き4000円〜)

屋内展望ギャラリーへ
参照:渋谷スカイ公式

日の入り後まで少し時間があれば、46階の屋内展望ギャラリーへと足を運びましょう。

また、急に雨が降ってきた際にも逃げ場として利用できます!

屋内ギャラリーでは景色はもちろん(ガラス越しですが)、美術館のような演出を行なっていたり、見渡しのできる建物や風景の説明など魅力はたっぷりです。

▽様々なコンセプトに合わせて絵や空間デザインが展示されている

▽ここからは一目で東京タワー、スカイツリー、国立競技場が見渡し可能!

また、46階内にもバーが併設されているので少し休憩するスポットにも!

日の入り。いざ夜景へ。

当日は明治神宮あたりで雷が鳴り響く天気で少し曇っていたのですが、窓ガラス越しではない日本では最高地点の夜景を見ることができました。

写真の通り、芝生エリアがとても写真に映える印象です。

東京タワーがやっぱり一番映えていました笑

まとめ・所感

いかがでしたでしょうか。

今回は、令和の新絶景スポット「渋谷スカイ」について詳しくご紹介しました。カップルはもちろん、男女グループでの思い出作りにも、東京の観光にも「渋谷スカイ」はさまざまな人が楽しめる新しい渋谷の観光スポットとなります。

是非、気になった方は訪れみてはいかがでしょうか。

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)

アクセス:渋谷駅から直通(渋谷スクランブルスクエア)
フロア :14階・45階・46階・屋上
高さ  :地上約230m(屋上)
営業時間: 9:00〜23:00(最終入場22:00)
入場料 :大人1800円〜

以上、気になる人が出来たら渋谷スカイで告白しようと決めたアキラでした。

投稿者:彰

タイトルとURLをコピーしました