【中目黒 銭湯】芸能人もお勧めする光明泉を徹底解説!

スポット
スポンサーリンク

みなさんこんばんは。アキラです。

今回は僕、アキラが毎週通っている中目黒の銭湯「光明泉」をご紹介します。

東京の銭湯を20ヶ所以上回ってきましたが、個人的に東京NO.1の銭湯に認定できるこちらの銭湯。

そんな光明泉の魅力をさまざまな角度からご紹介していきます!

ぜひ、最後までお読みください。

中目黒の銭湯「光明泉」とは

中目黒駅から徒歩3分、創業45年目になる「光明泉」都会のオアシスです。

2014年3月に全面改装して白と木のぬくもりを基調とした、清潔感のある銭湯へ生まれ変わりました。

浴室には効能に良いお湯やサウナなども完備されています。

光明泉の浴槽・施設

・高濃度炭酸泉
・人工ラジウム泉
・サウナ室
・水風呂
・露天風呂

また、銭湯に馴染みのない、若年層や女性、外国人の方にも、手ぶらで銭湯を利用できるようにタオルやシャンプーなどのアメニティーも充実しております。

入浴料・アメニティの料金は下記の通りです。

利用料

入浴料:470円
サウナ別途:200円

アメニティ

フェイスタオル:30円
バスタオル:100円
シャンプー・リンス:各30円
ボディソープ:40円
※すべて持ち込み可能

※ドライヤー3分10円

光明泉の魅力

週一回以上通う僕ならではの目線で、ここからは光明泉の魅力をご紹介していきます!

大きく魅力は4つありますので後ほど詳しく解説していきます。

・都内のど真ん中で露天風呂を堪能できる

・長風呂が可能なぬるめの高濃度炭酸泉

・銭湯とは思えない清潔さ

目黒川沿い、入浴前後もテンションが上がる。

都内のど真ん中で露天風呂を堪能できる

銭湯で露天風呂?と驚きますが、東京で露天風呂が楽しめる銭湯はたった4箇所のみ。

武蔵小山:清水湯
浅草:蛇骨湯
西品川:宮城湯
中目黒:光明泉

僕自身全て回りましたが、光明泉の露天風呂は高級旅館の貸切露天風呂の雰囲気があります。

中目黒の中心で屋上からの天空の綺麗な星空を眺めながらの入浴が可能です。

※注意※
露天風呂は毎週金曜日に男女で入れ替えがあります。
公式サイトで確認可能。

長風呂が可能なぬるめの高濃度炭酸泉

僕の光明泉の滞在時間は1時間30分〜2時間です。

そのうち、最も長く浸かるのが高濃度炭酸泉になります。

通常の銭湯だと、熱々の湯船で直ぐにのぼせてしまい、銭湯に来ても直ぐに出てしまうことがありますが、この高濃度炭酸泉温度37度前後になっているため長く湯船につかることができるんです。

ちなみに、炭酸泉は血の流れを良くする効果があるんですよ!

銭湯とは思えない清潔さ

銭湯といえば古き良き外観を連想されますが、この光明泉は全くの逆です!

2014年に全面改装されたので、白と木のぬくもりを基調とした、とても清潔感のある銭湯です。

アメトークの「銭湯大好き芸人」でも麒麟の川島サバンナ高橋が清潔さが魅力だと語っており、470円の銭湯価格では安すぎるんじゃないか?と訪れるたびに感じます!

目黒川沿い、入浴前後もテンションが上がる。

光明泉は中目黒駅から徒歩4分。

周りにはお洒落なセレクトショップや飲食店が並ぶ道に、近くには目黒川があるんです。

入浴前はふらっと買い物

➡︎入浴後は軽く一杯飲みに行く

➡︎目黒川沿いを散歩する

これが王道ルート!贅沢な中目黒でのひとときを味わえることができるでしょう。

時間帯・曜日別の混み具合

ここまで紹介した光明泉ですが、唯一の欠点があります。

人気すぎて混みがちな点です。

週末平日
15時〜20時大混雑少し混んでいる
20〜25時少し混んでいる空いている

週末の夕方どきはかなり混んでいてロッカーを待つようなこともあるので、上記の表をご参考に行ってみてはいかがでしょうか。

やはり空いている方が周りに気にせずリラックスして入浴できますよね。

また、露天風呂の週は混むのではないかと思われがちですが、露天風呂へ人が流れる分、むしろ空いていることも多いです。

光明泉ツアー

オレンジの外観と特徴的なアートが目印!

2階に受付があります。ちなみに1階はコインランドリー。

下駄箱

下駄箱からお洒落です。この横には鍵付きの傘立てもあります。

下駄箱の空き具合で、混み具合をみることも可能。

下駄箱いっぱい=少し時間を開けた方が良いかも。

受付

多少狭いですが、こちらが受付です。

ここでアメニティーを購入して、右左に別れる脱衣所へ向かいます。

脱衣所
参照:https://imai88.jp/works/koumeisen.html

木製のフローリングとなっており、足の踏み心地が良いです。

また、脱衣所も綺麗で裏切らない。

アメニティーは、綿棒(無料)ドライヤー(3分:10円)のみ!

シャワースペース・お風呂
参照:https://imai88.jp/works/koumeisen.html

シャワーはもちろん全て勢い良くでますし、鏡にも垢はありません!

前述の高濃度炭酸泉と少し熱めの人工ラジウム温泉、水風呂、サウナ(別料金)があります。

人工ラジウム温泉ではジェットバスも楽しめます!

露天風呂
参照:https://imai88.jp/works/koumeisen.html

内湯エリアから少し急な階段を上がるとこの景色が広がります。

さすがに都会の真ん中なので、周りは壁に覆われていますが想像以上の開放感が味わえます!

最大で6名ほどが入浴可能なサイズ感です。

リラックススペース

リラックススペースはこれだけ!

牛乳やコーヒーミルクなど、140円で購入可能です。

少し狭いので、休憩せずに近くのお店に寄るのもオススメです。

営業時間・アクセス

店名

光明泉

アクセス 中目黒駅から徒歩3分
住所 東京都目黒区上目黒1-6-1
営業時間

15:00 〜25:00
(最終受付入場は24時30分)

定休日 不定
電話番号 03-6427-8102

光明泉のまとめ

いかがでしたでしょうか。

このクオリティの銭湯を470円で堪能できるなんて驚きですよね!

魅力溢れる中目黒の光明泉に是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

投稿者:彰

タイトルとURLをコピーしました