【三軒茶屋】確実に出会える居酒屋・バーの四天王をご紹介!

スポット

皆さんこんにちは修二です。

三軒茶屋で出会いを求めて彷徨っているそこのあなた!こんなお悩みありませんか?

三軒茶屋でガチで出会いがあるバーが知りたい
三軒茶屋でガチで出会いがある居酒屋が知りたい
三軒茶屋で出会えるスポットが知りたい

三軒茶屋には複数の居酒屋やバーなど出会いスポットの激戦区のため、正直どこに行けば良いか分からないという人は多いはず。そんな今回は、三軒茶屋にある出会いスポットの詳細をどこよりも分かりやすくご紹介致します。

三軒茶屋 出会える居酒屋/バー四天王

ー三軒茶屋で出会いを求める人の聖地。

断言します。これほど盛り上がっているお店は三軒茶屋にはありません。上記の4つは店員さんが魅力的でお客さん同士の交流を推進してくれるのでお一人様でも店員さんが間に立ち、他グループの会話に参加させれもらえたりするのでとてもおすすめです。僕もよくお店に足を運びますが、他グループと方と話せなかったことは一回もありません。まさに「出会いの聖地」になります。

ーナンパや他のお客さんに話しかけるが不慣れな人にも出会いがあります。

三茶の特徴ですが、お店のキャパシティが狭いためお客さん同士の距離が必然的に近くなります。そのためすぐ隣に女性がいるので、話しかけるハードルが低いことや店員さんが会話のネタをアシストしてくれるので出会いが生まれやすい環境になります。三茶は渋谷や六本木など男性がナンパしないと出会いが生まれないというようなギラギラした街ではなく、落ち着いた穏やかな人が、色んな人とお酒を飲みながら会話したいという街なので控えめボーイに優しい街なんだぜ。

三軒茶屋 出会えるスポット 詳細

ー終電以降が三軒茶屋の真骨頂

三茶は深夜帯が出会う確率がぐんっと上がるゴールデンタイムになります。理由として、深夜帯が一番盛り上がることを知っている三茶近辺に住むお喋り好きな飲んべえが集まるからです。三茶の特徴として、お店の馴染みの店長との会話を楽しみたいという常連客が多いです。終電前までは遠方から来たお客さんで三茶は埋め尽くされているので、終電以降の空いている時間帯に常連客が集まるのです。この時間帯にお店に来店すると「常連客」×「店長」×「出会いたい客」との化学反応が起きて「出会い」が生まれるんです。深夜帯のDEEPな三茶で起きる化学反応が出会いの秘訣です。

三軒茶屋は時間帯で店を変えるが吉!

ー遅めスタート&はしご酒が三茶の鉄板。

三茶は21時の遅めスタート→はしご酒で出会えるキャパを増やすのが秘訣です。前述した通り、三茶のの民が集まる深夜帯が一番熱いです。特にキャパが広くカラオケでいつも盛り上がっている『Niwar’s』は深夜帯に行かないと大損します。終電前まではキャパの小さなお店で三茶の民以外のお客さんと交流→終電後『Niwar’s』でぶち盛り上がる→疲れたらキャパの小さなお店で三茶の民としっぽり交流という流れがいいとこ取りでおすすめです。

Merry Lou

ー「三軒茶屋の定番」会話好きが集うネオン看板が煌めく立ち飲みBAR

4坪の店内にお酒と会話好きな人が集まる「Merry Lou」は三茶の憩いの場です。何よりの魅力がノリの良い店員さんです。一度来店したお客さんの事を覚えててくれるので、再来するととても喜んでくれるのでつい嬉しくて足を運んでしまします。また、お客さん同士の会話をアシストしてくれるので店内にいるお客さん全員で盛り上がる事ができます。お一人様でも安心して盛り上がる事ができるのでおすすめです。

参照:食べログ

ー自家製のレモンサワーは飲まなきゃ損するよ

口コミで爆速に広がり約8割のお客様がご注文する名物酒、チリレモンとジンをベースに約1ヶ月じっくり漬け込んだ「超熟成レモンサワー」がお店の看板メニューです。「Free nuts(卓上の6種類のスナック食べ放題)との相性が抜群なのでついつい飲みすぎてしまいます。

BAR TICO

ーマスターの個性と存在感が癖になる立ち飲みBar

結論ユニークなつけ酒が10種類以上あるスタンディングバーになります。比較的に年齢層が高く、個性的なマスターの会話を楽しみについつい足を運んでしまいます。本格的に賑わうのは深夜以降になり、週末になると人で溢れ、肩が触れ合う距離で飲むうちに見知らぬ人と酒を交わしていたなんてことも。女性の一人客がフラリと訪れやすい親近感がこのお店の魅力です。

ーマカダミアナッツの殻を床に捨てるワイルドスタイル

チャージ300円でお店のカウンーに並ぶマカダミアナッツ等がが食べ放題。これが酒のおつまみとして相性GOOD。割った殻は床に捨てるというワイルドスタイルが粋なお店です。つけ酒にも試したくなるような魅力的なメニューが多いので是非お試しあれ。

WARD

ー若者が集う三茶で最も勢いがあるスタンディングバー

三角地帯で一番人で溢れているネオン看板の煌めく人気のBar『WARD』。20代の若いお客さんが多く、いつも活気に溢れています。店内に入れなくても外のテラススペースでも飲めるので夜風に当たりながらお酒と会話を楽しるのも粋。敷地は狭いが、多くのお客さんが自由に動き回れる構造になっているので見ず知らずの色んなお客さんと出会うことができます。

ー20代の酒好きな若者が盛り上がる要素多数

お店には終始テキーラの乾杯の声が聞こえます。お客さん同士で仲良くなるにはテキーラの乾杯が一番最適って学校の教科書に乗る日も近いですね。そんな平日でも週末でも大盛況の『WARD』は絶対に行かないと損です。

Niwar’s

ー三軒茶屋のクラブと言ったら「Niwar’s」でしょ。

深夜一番盛り上がる三茶のクラブと呼ばれるのがこのお店。三角地帯から少し離れた大通り沿いにある隠れ家的お店で、キャパシティが広く、ソファ席とスタンディング席があるので団体客でもお一人様でも来店可能。特に週末は多くの人で賑わっており、芸能人も来店する位三茶では人気店。盛り上がり要はInstagramを見れば一目瞭然。

ーカラオケが店内の一体感を創出

『Niwar’s』はカラオケが歌い放題。会話の邪魔にならない位の程よい音量なので、周りに気を使わずみんな好きな曲を入れることができるのがGOOD。曲のチョイスが良いと、口ずさんでくれたり、手拍子してくれたりとお店が一体となって盛り上がることができます。←これ最高です。

三軒茶屋で素敵な出会いを

ーDEEPな雰囲気にあなたも虜に。

コロナ禍では出会いの場がどんどん少なくなる中、三軒茶屋という街は出会いの宝庫。落ち着いた雰囲気の街並みにお酒と会話好きが集まるDEEPな街。肩が触れ合う距離で見ず知らずのお客さんといつの間にかお酒を交す。ドラマのような出会いが三茶にはあります。

皆さんも是非、素敵な出会いを求めて三茶へ足を運んでみてはいかがでしょうか?下記では実際に私修二が上記4つのお店に潜入レポを紹介しておリますので気になる方は是非!

投稿者:修二

タイトルとURLをコピーしました