【モテ男のSNS運用】SNSのフォローワーを増やして人生を豊かにしよう!

コラム

皆さんこんにちは修二です。

皆さんはSNSのフォローワーは何人いらっしゃいますか?

おおよその人が100~500人位なのではないでしょうか。

多くの人がSNSを使用する目的

・情報収集

・暇つぶし

・友人との連絡手段

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

これからの時代SNSのフォロワーが少ない人が損する時代が訪れます。

修二
修二

「SNS」=「遊び」

と考えている人は大きな間違いです。

SNS運用が出来ない人はどんどん時代に取り残されてしまします。

現代ではSNS運用はもはや必須科目となってきています。

そんな今回はSNS運用を行いフォローワーを増やすことに

どんなメリットがあるのか分かりやすくご紹介します。

フォロワー=資産になる?
SNSでフォローワーが多いと得する3つの理由

SNS運用を行いフォローワーの多い人が得する世の中に急速に向かっています。

それでも、いまいちフォローワーが多くて何を得するのか分からない人に、大きく3つの得するポイントをご紹介します。

フォロワーが多いと得する3つの理由

・自分のスキルを上げることができる

・自身の信用の証になるから

・人生を豊かにする引き出しが増える。

後述しますが、フォロワーが多い人はそれだけ多くの人にSNSを通じて、有益な情報を与えていることになります。Twitter、Instagram、TikTokなど様々なSNSがありますが、どれを取っても同じことが言えます。

自分のスキルを上げることができる

1つ目の理由としてSNS運用は自身のスキルを上げることに繋がります。

特にTwitterでフォローワーが多い人は下記のスキルを兼ね備えています。

・役に立つ情報に気づく→情報収集スキル

・分かりやすい文章で投稿する→説明スキル

・ハッとさせる切り口を示す→思考力

・どうすれば人の役に立てるか考える→GIVEの力

芸能人などは例外になりますが、一般人で友人や知人以外のフォローワーが多い人は上記スキルが優れています。

皆さんはこんな人をフォローしないですよね?

・役に立たない情報を発信する人。
・思いつきことをただ更新しているだけの人。
・仕事の愚痴を投稿している人。

修二
修二

SNSは自分の武器を育てる場という認識を
持つことが大事なんですね!

自身の信用の証になるから

SNSのフォローワーが多い事は、前述したスキルが備わっている自分の信用の証になります。

下記の悩みがスッと叶うくらい現代では重宝されてきているのです。

転職したい
SNSで転職を決める人は多数います。企業の採用広告もSNS限定で流している企業が増えてきています。情報感度が高い企業ほどこの手法を使用しているので近未来SNSが転職マーケットになる日も近いかもしれません。

・自分の商品を購入してもらいたい/情報を発信したい
フォロワーさんに商品・サービスを販売して暮らしていける人もいます。特にInstagramでは、芸能人ではない一般人のインフルエンサーの立ち上げたアパレルブランドが増加していますよね。

企業でもインフルエンサー採用は始まっています。

フォロワー1000人以上ならインフルエンサー手当てがあるなど、企業としてもSNS運用が近年注目されてきています。

また、採用面接の際、SNS運用も大きなアピールポイントとして確立しています。

時系列で見ていけば、その人がどのように生きてきて何を考えてきたか分かるため、採用側も良い人材を掘り出すメリットがあるからです。

例)TOKYO BASE inc

TOKYO BASE RECRUIT SITE
株式会社TOKYO BASEの採用サイトです。

人生を豊かにする引き出しが増える。

SNS運用での大きなメリットの内の一つが、オフラインでは繋がれない様々な人と出会える事です。

自分のことを応援してくれる人

自分に共感してくれる人

自分と似た職業・趣味などの人

様々な人とSNSを通じて出会うことで、切磋琢磨したり、承認欲求を満たせたり、励ましあえたりすることができるので、人生を豊かにすることができます。

SNS運用は無料でできる自己投資

SNSフォロワーは現代特有の文化です。

早めに築いていくことで、自分のこれからに価値ある資産になる。

「SNS運用なんて意味がない」と考えている人は、フォローワー1000人集まる努力をしてからでも遅くないです。

一度、発信理由を明確にすることで誰に何を伝えたいかを考えてみましょう。

・自分のよく知っていることは何か?

・それを知ると助かる人は誰か?

・自分の得意なことは何か?

・それを見て喜んでくれる人は誰か?

自分が人に何を与えてあげられるか真剣に考えることでも、伝える力を磨くことになります。

時代の変化についていけるかっこいいモテ男子を目指しましょう!!

修二

タイトルとURLをコピーしました