【仮想通貨】2021年5月の総資産額公開(社会人4年目26才)

投資

みなさんこんにちは修二です。

2020年4月のコロナ流行と同時に株式投資を初め早一年。つい最近仮想通貨への投資もスタートさせましたが結果は散々な結果に… (後程詳しく解説していきます。)

そんな中、今月の資産の状況はどう変化しているのでしょうか。資産を築くのは少なからずお金に困らなず、女性にモテる人生を歩むため…!今回もどうぞお手柔らかにお願いします。

──資産状況の把握は倹約に繋がる

私は毎月の月末時点での資産状況をエクセルにまとめています。目的は総資産の把握です。常日頃から自分がどの程度の資産を持っているのか把握することで倹約に繋がり、資産増加に寄与すると考えているからです。

2021年5月 資産状況

──資産は総合計 ¥4,217,898円

今月は株式市場全体で大きな値動きが無く株式投資による資産の増加はごく僅かでした。2.3月のバブル相場のように値が右肩上がりする局面は一旦落ち着いた模様。しかし、インフレの懸念が市場全体で騒がれておりコモディティへ資産をアロケーションする必要があると考えています。

──リモートワーク充実グッズの出費エグい…

転職に伴いリモートワークグッズを揃えたことにより生活用品の支出が大きいです。ちなみに購入品は27型モニターとモニターアームで約8万円!長く使用するものなので少しいい物を購入しちゃいました笑今後はこうした大きい買い物をする予定ないのでもう少し貯蓄へ回せると思います。エッセンシャルワーカーとして本当に自分に必要なものだけ購入するスタイルを継続していきたいと思います。

ちなみに今月はマイボトルを持参して節約をするのにハマっていました。(これまじおすすめ)

仮想通貨の状況

──仮想通貨が大暴落を引き起しました….

【投資金額】※5月1日
BTC=50,000円
ETH=50,000円

【投資金額】※5月30日
BTC=32,209円(0.36%↓)
ETH=37,316円(0.26%↓)

仮想通貨は2021年に入り初めて一時価格が半分になるまでの大暴落を引き起しました。大暴落の要因は下記の2点。

・テスラ社CEOイーロン・マスクの影響

イーロン・マスクは当初テスラのEVを仮想通貨で決済を可能にすると言及していたが、ビットコインのマイニングが深刻な環境破壊に繋がるという懸念から決済を取り下げると発表しました。その結果、仮想通貨全体への不信感が募り大暴落が起きました。

・中国の仮想通貨による規制強化

中国は以前から仮想通貨の規制を強化する方針を示していたが、今回は中国共産党のトップの副総理がビットコインのマイニングの取り締まり強化と事業者に打撃を与えると正式に発表しました。その結果、中国全土でビットコイン事業からの撤退の懸念が広がったため価格の暴落が起きました。

頻発する暴落で悲観的な投資家は多いが、米財務省は仮想通貨は今後10年で存在感がさらに増していくと好評しています。そのため僕は暴落時こそチャンスと考え仮想通貨への投資は今後も継続していきたいと思います。

資産の推移

──前月比+104,500円となりました。

仮想通貨の暴落があり、直近の月間推移よりも伸び率は鈍化しました。しかし、仮想通貨への投資は自身のリスク許容度の範囲内で行っていたため節約で浮いたお金だけで損失分をカバーし資産を増加させることができました。

2021年5月 配当

──5月の配当は1,533円でした。

今回の配当金額は微々たるものでした。僕の運用スタイルはインデックス投資がメインですが、月々に入る不労所得が嬉しいので少額ですが安定した配当とインカムゲインを狙うため高配当ETFへ投資しています。今後が不透明EXOやAT&Tなどはある程度、高値圏になったら利確し売却し予定。

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mathieu-stern-1zO4O3Z0UJA-unsplash-1024x683.jpg

──仮想通貨の値動きで振り回される投資家が多すぎ

5月のトピックスはなんといっても「仮想通貨の大暴落」です。暴落時はTwitterでイーロンマスクの愚痴を言う人や『やっぱり仮想通貨なんてやるべきじゃなかった』と悲観的なコメントを多く目にしました。仮想通貨はまだ安定した通貨ではないことを認識し、長期的な目線で仮想通貨と向き合うべきだと考えています。株価の変動が起きるたびに一喜一憂するようでは仮想通貨への投資は厳しいかと思います。(とはいえ、僕も少しは落ち込みましたけど..)

株も仮想通貨も長期的な目線で考え、心に余裕を持って資産形成をしていきたいものです。と言うわけで資産1,000万円を目指して今後も頑張っていきます!

修二

タイトルとURLをコピーしました